風水と階段

風水と階段

玄関から階段が見えているのは風水上あまり良くないとされているので、玄関を開けてすぐ目の前に階段を作るのはこれから建築する家の場合には、なるべく避けた方がいいと思います。風水を考えた上での階段の場合には、リビングに階段があるのが理想とされていますが、その理由はリビングに階段があれば、必ず階段を使う時にはリビングを通ることになりますから、家族がいつまでもコミュニケーションをとることが出来るとされているために家族円満になると信じられているのです。それから風水では、階段が暗いと貧乏になるとも考えられています。階段というのは暗いと気の流れが悪くなるので、その分陰の力が多くなり、お金の流れも悪くなってしまうのだそうです。ですから、階段を暗くしておくと、お金の流れが悪くなってしまうので注意しましょう。階段には踏み込み板と手すりをつけたほうが絶対に風水上いいとされています。踏み込み板がない場合には、すき間の部分から、気が抜けてしまう階段の上までしっかりと上がっていかないないとされているのです。ですから、しっかり踏み込み板をつけておくことが運勢を上げる風水での考えなのです。そして手すりについては、何で手すりをつけたほうがいいのかというと、手すりがないと手から気が抜けてしまうと考えられているので、なるべく木製の手すりを取り付けるようにするのがおすすめです。階段は、気を上にあげて家全体の気の流れを良くしてくれますから、気の流れを良くするためにも必ず掃除を丁寧にしておくことも大切です。
婚活パーティー

 

ローヤルゼリーサプリメントの通販
ローヤルゼリーサプリメントの売れ筋人気ランキング☆