風水と廊下

風水と廊下

廊下というのは風水で考えた際、家の中の気の通り道という存在になっています。簡単に人間の体でたとえてみると、気管支のような役割をしていることになります。ということは、廊下の環境が悪ければ、活力もなく、判断力などもあやふやで、家全体が、活気のない雰囲気になってしまいます。廊下はできたら、あまり作らない方がいいと風水では考えられています。廊下としては、運勢をあげるためには廊下の幅は広くしておくことが大切と考えられます。廊下の幅を狭くすると圧迫感が強く、廊下を通るだけで不快感やストレスを感じることになってしまいます。また廊下に設置する照明についてですが、ぶら下げる形の照明をつけている人が中にはいますが、埃が積もってしまったりして、気が淀んでしまう原因にもなりますので、できるなら埋め込むタイプの照明にすることがよいとされています。また廊下の壁は、風水上ではできればデザインを工夫したり動きを考えてみたりすると、単調な廊下でなくなります。そうすると単調ではなくなって脳が刺激を与えられ活発になるので、風水では、その廊下を通ると、それだけ脳が活性化されて幸せになれて、運気が上がると考えられています。家の中でも大変大切な役割を廊下は担っていますから、できるだけ綺麗に保つようにして、廊下の両脇にほこりがたまっているなんてことのないように清潔にしておくということも大切なことです。毎日掃除をして清潔を保つようにしましょう。

 

痩身エステを選ぶポイント
ズバリ!痩身エステを選ぶポイントとは?