風水と寝室

風水と寝室

寝室は風水では最も大切な場所ともいわれているので、寝室作りはとても重要になっています。人が寝ている状態というのは周りの気を特に取り込みやすいといわれています。なので、無意識の状態でも、しっかりと気を取り込んでいるのです。よく眠れないベッドや疲れが取れないような寝室では、精神的に病んだり健康を損なうこともありますので、寝室の環境というのは大変重要なのです。寝室の環境が十分に整っていれば、病気はよくなりますし、免疫力も向上することができ、健康を保つことができるといわれています。寝室で避けた方がいい風水での考えとしては、寝ている時に、壁と頭の間に50センチ以上すき間が開かないようにすることや、タンスの角や柱のはりにベッドを向けないようにすること、寝ているときは鏡には布をかけておくこと、衣類を寝室にかけないようにすること等が挙げられます。風水で取り込むといいといわれていることとしては、寝室というのは安眠できなければ意味がないので壁紙の模様等も安眠できるようなものにしてリラックスできる環境に整えることが大切です。ベッドの高さについては、低くするとお金に苦労するといわれていますから、ある程度高さのあるベッドで寝ることがよいとされています。寝室の下に台所やトイレなどがあるのは、あまりよくないとされていますから、場所についても風水を参考にしてみるといいと思います。寝室を清潔にしておくことも大事ですから、常に心がけて清潔を保ちましょう。寝室とは家の中で特に大切といってもいい場所です。
ゲイ出会い系

 

野菜宅配サービス
野菜宅配通販の人気ランキング☆