風水と枕

風水と枕

風水上では枕の位置も運気を左右するものと考えられています。北枕というのは縁起が悪いと言われていたり、死人の枕だから不吉なものといわれているのですが、実際に北枕で寝るというのが一番良いといわれています。なぜならこれは地球の磁力線に関係している事なのですが、北を頭にして寝ることで血液の流れが良くなるので北枕は実は良いとされているのです。北枕は風水でも良いとされていて、金運アップでお金が貯まりやすい縁起の良い方角と考えられているのです。では他の方角はどうなのでしょうか。風水から見た他の方角の枕の位置についても説明していきます。まず西枕ですが、西枕は老化しやすいといわれていたりするのですが、風水では安眠できる方角と考えています。ゆっくりちゃんと寝たい人は、西枕がおすすめでしょう。東南枕は、恋愛運がアップする方角です。枕は花柄かピンク色にするとより恋愛運アップに関係するといわれています。東枕は、朝日が出る方角を向いているので、健康運がアップしますし、さらにやる気やエネルギーも向上する方角です。このように風水では、どの方角の枕であっても、様々な意味があるといわれていて、どの方角でも良いとされています。枕の方角は職業によっても違ってくるといわれていますから、自分がどの方向の枕で寝るのが一番体が癒せて、安眠できるのか考えた上で、枕の方角を決めてみるのがいいでしょう。いくら良いといわれている枕の方角であっても、自分に合わず休むことが出来ないのであれば意味がありません。
SM出会い

 

シトルリンXLは人気のあるペニス増大サプリです
シトルリンXLより良く効くペニス増大サプリはありますか?