風水と盛り塩

風水と盛り塩

風水上では盛り塩を設置しておくのが良いとされていますが、塩というのは、そもそも邪気を追い払ってくれるだけでなく空間を清めてくれますから、大変良いと言われています。エネルギーを活性化してくれるとしても塩は良いといわれているのです。このことから、風邪をひいたり体調を悪くしてしまい寝込んでしまったという場合には、ベッドサイドに盛り塩を盛っておくと、免疫力が向上するといわれています。また、盛り塩をするだけで、パワーストーン等の浄化などを引き上げる作用などもありますので、相乗効果でより風水の効果が期待できます。家を掃除してから荒塩を撒いて、そして掃除機で吸い込むことでさらに、家の中が大きく活性化させてくれます。盛り塩は水周りに置いておくと良いとされていますが、気をつけておくことがあります。盛り塩は定期的に交換しましょう。なぜかというと、浄化作用がある盛り塩ですが、浄化するということは負の力を吸収していることになりますよね。吸い取ってくれた負の力をそのまま放っておいてしまうと、それがさらに悪いパワーを呼び寄せてしまうことに繋がると考えられています。普段は厄払いとして崇められている鳥居ですが、夜の鳥居は危険といわれているのと同じです。風水で盛り塩をしている人はたくさんいますが、そのままに放置せず、盛り塩は定期的に取り換えること、それが重要です。いつまでも交換しないで同じ盛り塩を置いておけば、それだけ負の力が、余計なものを呼び押せてしまい不幸になったりしますので気を付けましょう。

 

中性脂肪対策サプリメントの効果
中性脂肪対策に有効なDHAサプリメントランキング!